すべての症例

  • 接着歯科

    接着ブリッジ(保険治療)

    • 治療前

    • 治療後

    費用
    保険治療一部負担金
    担当医からのコメント
    若い方で保険治療でできるように歯を削ることなく入れ歯以外で歯を入れたいということで、歯の裏側のエナメル質のみを削除して、接着力に頼った接着ブリッジを入れました。
    リスク
    微妙に揺れがある歯同士の接着、歯ぎしり、前歯で噛む癖が多い方の場合、外れやすいことはあります。 また、金属を使うので隣の歯と色が合いにくい欠点があります。
  • 接着歯科

    接着ブリッジ(保険適応)

    • 治療前

    • 治療後

    費用
    保険治療一部負担金
    担当医からのコメント
    下顎左右第一大臼歯をなくした患者さんです。保険治療の範囲で固定式、歯を出来るだけ削らずにという条件で、若干エナメル質という歯の表面を削りますが接着歯科を応用した、保険適応の接着ブリッジを行いました。かみ合わせの面の溝の大部分と内側の一部を薄く削除して歯型を採り2回の治療で接着性セメントにて装着しました
    リスク
    ブリッジはインプラントと違って歯と歯の間はフロスが上からは入らないので歯間ブラシや特殊なフロスで清掃が必要になります。保険の適応は銀歯となりますので、見た目も気になることはありますし、金属アレルギーの方は向いていません。また虫歯の再発防止のためなどにもメインテナンスをお勧めします。
  • 接着歯科

    ダイレクトブリッジ

    • 治療前

    • 治療後

    費用
    90.000円+tax
    担当医からのコメント
    矯正治療後にインプラント治療を予定していた患者様ですが、インプラント以外を希望され来院。 中期(4~5年)予後を説明し、接着歯科を応用したダイレクトブリッジを施術しました。 矯正治療の後戻り、歯ぎしりを自覚しているかたなどで、ナイトガード(歯ぎしり脱落防止装置)を入れてもらう予定です。
    リスク
    ブリッジは普通のフロスが通らないので、歯冠ブラシや特殊なフロスでの清掃が必要です。