すべての症例

  • 接着歯科

    ダイレクトブリッジ

    • 治療前

    • 治療後

    費用
    100.000円+tax
    担当医からのコメント
    抜歯後インプラント治療や歯を削ってのブリッジではなく接着ブリッジを希望されました。 抜歯直後にラバーダム防湿下でマイクロスコープを用い接着操作を行いました。 歯を削ることなくある程度見た目も修復できたと思います。 抜歯後に歯ぐきがやせて歯肉との隙間を埋めるために3か月後の修正は必要となります。
    リスク
    若干片方の歯に揺れがあったので外れやすいことはお伝えしています。 抜歯後のダイレクトブリッジは歯肉の直りが落ち着いてから修正が必要となります。
  • 接着歯科

    ダイレクトブリッジ

    • 治療前

    • 治療後

    費用
    80.000+tax
    担当医からのコメント
    乳犬歯脱落後のダイレクトブリッジです。インプラント治療を選択されず、健康な 隣の歯を削りたくないとのことで欠損歯の幅が小さかったこともありダイレクトブリッジを選択しました。 ラバーダム防湿下で歯を全く削ることなく、1回の来院である程度自然に修復しました。
    リスク
    将来脱落や着色は修理や再研磨で対応する予定です。 治療中に口を長い間あけれない人には向いていません。
  • 接着歯科

    ダイレクトブリッジ

    • 治療前

    • 治療後

    費用
    80,000円+tax
    担当医からのコメント
    右上側切歯が割れていて抜歯後のダイレクトブリッジの相談と治療で来院されました。横の犬歯を削らず既に入っているセラミック冠を外さないようにしたいという希望、インプラント治療は選択されなかったので、ダイレクトブリッジとしました。抜歯したその日にダイレクトブリッジを施術し、歯ぐきが治り、歯肉の形が落ち着いたところで3か月後にもう一度来院してもらい修正をしました。セラミック冠には接着しにくいので天然歯の犬歯とのみ接着しています。ラバーダム防湿とマイクロスコープ下で接着に気を使いました。少ない回数と負担である程度の見た目は回復できたとは思っています。
    リスク
    プラークコントロールや飲食習慣により着色の可能性があります。かけたり外れる場合があります。治療中長い間お口をあいていただけない場合は適応外です。