すべての症例

  • 接着歯科

    ダイレクトブリッジ

    • 治療前

    • 治療後

    費用
    110,000(税込み)
    担当医からのコメント
    入っていた仮歯と接着剤、古い充填物を取って接着歯科を応用したダイレクトブリッジとしました。右の側切歯は神経の治療済みで変色があり、古い充填物も入っていたので、若干は削りましたが中切歯は歯を削らずに固定式のブリッジをラバーダム防湿、マイクロスコープ下で即日修復できました。色を重ねてできるだけ全体に調和させました。
    リスク
    治療時間が長いことがあります。今回は90分でした。その間3回くらいはうがいはできますが、ラバーダム防湿した後40分前後はお口を開いたままの状態になりますので、長時間の開口ができない方はお勧めできません。
  • 接着歯科

    ダイレクトブリッジ

    • 治療前

    • 治療後

    費用
    110,000(税込み)
    担当医からのコメント
    高齢者で金属を使った接着ブリッジが外れたので施術しました。2本欠損ですが空いているスペースは1本半分です以前のブリッジは1本の人工歯でその歯が大きすぎてということで小さい歯を希望されたので2本に分けています。 奥歯は義歯ですが、嚙みわせる力がそれほど強くないと判断したので、歯を削らずに接着を応用したダイレクトブリッジとしました。 この場合は金属を使った接着ブリッジと比べるとダイレクト修復のほうが外れにくいはずです。
    リスク
    自分の奥歯でかみ合わせがない場合や、歯ぎしりが極端に強い場合は外れやすくなるためお勧めできないことがあります。
  • 接着歯科

    ダイレクトブリッジ

    • 治療前

    • 治療後

    費用
    99,000(税込)
    担当医からのコメント
    外傷で右前歯が抜けてしまった若年者の方で、取り外しの入れ歯を入れていましたがダイレクトブリッジ希望され来院。 歯肉も治癒していたので、来院初日にラバーダム防湿、マイクロスコープ下で、歯を削らず固定式の歯を接着修復にて補綴(歯を入れました)。10日後ぐらいに2度目の来院時に形態の若干の修整と艶出しとブリッジ周りの清掃をお話ししました。 写真では、色が違うように見えますが実際のお口の中では違和感がほとんどなく自然な仕上りになっています。
    リスク
    色に関しては、一度であわない場合があり何度かの来院が必要となる場合がありますが、繰り返し修正できるのもダイレクト修復のメリットの一つです。