すべての症例

  • 接着歯科

    ダイレクトブリッジ

    • 治療前

    • 治療後

    費用
    100.000円+tax
    担当医からのコメント
    矯正治療後の歯の隙間にダイレクトブリッジを希望され来院されました。 年齢が若く、犬歯と第一小臼歯との間のブリッジで歯間距離も少なくインプラントも難しいスペースを補綴しました。現時点では妥当な治療だと判断しました。 接着歯科を応用しコンポジットレジンを用い、マイクロスコープ・ラバーダム防湿下で隣の歯を切削することなく施術しました。
  • 接着歯科

    ダイレクトブリッジ

    • 治療前

    • 治療後

    費用
    100.000+tax
    担当医からのコメント
    歯根破折のため抜歯後にダイレクトブリッジを希望されました。抜歯後ラバーダム防湿・マイクロスコープ下で接着操作をしました。 女性らしく反対の義歯とは違い丸み絵御持たせた歯を表現しました。端の乾燥のため隣の歯が白変し修復歯が暗く見えますが治療後はもう少し色が調和するはずです。もともと虫歯で充填されていたレジンを取りましたが自身の健康な歯は保存したまま固定性のダイレクトブリッジを入れられました。
    リスク
    抜歯当日の修復のため歯肉の治りを待って歯肉の下がりに合わせて修整することが必要です、変色と破折が2大トラブルです。
  • 接着歯科

    コンポジットレジンによる歯の隙間の閉鎖

    • 治療前

    • 治療後

    費用
    20,000円+tax(1本)
    担当医からのコメント
    詰めていた所の変色と見た目の改善を希望されました。真ん中の前歯の生えている方向が違うので矯正治療を行うことも提案しましたが 治療期間・費用面からラバーダム防湿・マイクロスコープ下でダイレクト修復をしました。
    リスク
    治療前のプラークコントロールがよくないと治療時の歯肉からの出血が、術後の変色の一因になるので歯ブラシ・歯間ブラシ・フロスで 出血しない歯肉にしておく必要があります。